パソコン用の画像   スマートフォン用の画像
東京カメラ部×大洗カメラ女子ツアー
 
リフレクションビーチ

リフレクションビーチって!?
今回のツアーでご案内する大洗サンビーチは。国内でも有数の遠浅ビーチとして有名で、海外にも勝る絶景の撮影スポットになっています。満潮から干潮に向かう時間の浜辺が海水で鏡のように反射する現象で、今流行の写真映えする新たなスポットとなっています。リフレクションビーチを利用してあなた好みの一枚を撮影しちゃおう!

インスタ映え
いいねが増えるテクニック

最初に自分が好きで楽しい写真を撮りましょう♪それが一番大切です。その上で、いいね!を増やしたいなら、投稿した写真を見てくれる人の環境にあった写真をアップしましょう。つまり、スマートフォンの画面(高輝度だけど小さい)で映えて、見やすい写真がベストです。また、フォロワーさんを増やしたい場合は、投稿時に30個まで付けることができるハッシュタグを付けましょう。ハッシュタグは多くの方が付けていて投稿する写真にあったハッシュタグを付けるといいね!も増えるかも!? (どんなハッシュタグが人気があるかはInstagramの検索画面でCheck!)

絶景グルメ動物
かわいい女子
カメラツアー概要
開催概要

開催日

10月27日(土)    10時~17時30分   【受付は終了しました】
10月28日(日) 10時~17時30分   【受付は終了しました】

ツアーテーマ

東京カメラ部監修
「東京カメラ部×大洗カメラ女子ツアー」

集合場所

集合時間

[受付]9時30分〜 [開始]10時ツアースタート

撮影場所

・かあちゃんの店別館 ・大洗漁港
・神磯の鳥居 ・大洗サンビーチなど

昼食

かあちゃんの店別館
大洗名物 海鮮のお食事付

旅行代金

お一人6,500円(ガイド料・カメラレンタル料・昼食代・保険代・消費税込)

持ち物

雨が予想される場合はレインコートなどの雨具、防寒着、大洗サンビーチの撮影では長靴があると便利です。
・スマートフォン
※レンタルカメラご利用のお客様はスマートフォンへ写真データを転送する形となります。データ容量が大きくなりますので、SDカードの持参または購入をおすすめします。
※Instagramを使用して講習を行いますので事前にInstagramアプリのインストールとアカウント登録をお願いしております。

SDカード購入

SDカード1枚につき1,000円で購入できます。

カメラについて

最新の一眼レフカメラを使用して撮影ができます。(当日貸出)

応募資格

写真を撮るのが大好きな女子。
ただし女子が同伴する場合はペア(カップル/夫婦)も可。

募集人員

30名(最少催行人員1名)

申込締切

10/15(月)23時59分締切(ただし定員になり次第締切)

注意事項

・晴れの日は自転車で撮影スポットを周り、雨の日は公共交通機関で撮影スポットを周ります
・屋外に出るため、動きやすい服装でお越しください。

添乗員

この旅行には添乗員は同行いたしませんが「東京カメラ部×大洗カメラ女子ツアー」 スタッフが旅行開始より終了まで同行いたします。

カメラツアー条件書
ツアー料金6,500円
Placeholder image
11月24日・25日開催決定!Comingsoon
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
profile
15年前に鳥取県にIターン。風景写真家として活動する一方、写真を活用した地域活性事業にも従事する。鳥取県での活動が評価され、現在まで全国10以上の自治体のコンサル業務を請け負ってきた。東京カメラ部2013年10選。近年では、アサヒカメラでの特集記事ほか、JR西日本の広報媒体も担当し、2018年の山陰DCではメインカメラマンを担当。8月には第2弾写真集「24Hours」を発刊、あわせて9月には植田正治写真美術館にて個展を開催予定。(東京カメラ部10選)
Placeholder image
profile
2013年、東京カメラ部10選に選出、2016年に会社を退職しBS朝日「The Photographers3」で取り上げられ、風景写真家として歩み始めた。伊豆諸島(八丈島・三宅島)を中心に光を意識した作品を撮影している自然奏フォト所属。写真家の辰野清氏、栄馬智太郎氏に師事。
Placeholder image
Placeholder image

Profile
写真家。水戸市在住。人々の日常、人間や自然の「移動」をテーマに、写真とテキスト、映像による作品を発表。 主な個展に「松本美枝子写真展 ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン、2017)の他、「Reborn-Art Festival 2017」(石巻)など各地のアートプロジェクトにも参加。写真集に『生きる』(共著:谷川俊太郎、ナナロク社)など。

Placeholder image

Profile
2015年より 不定住。拠点を持たずにフォトグラファーとして依頼を受けた土地を巡り世界各地どこへでも。 人物写真を主とし、被写体の生きるその場の物語や感情の瞬間を写し撮る。そんなスローフォトグラフィーを大切にしている。2018年春に茨城県かすみがうら市の小さな森の隣に建っていた住処で暮らし始める。

お問い合わせ
Placeholder image
Placeholder image
大洗町商工観光課
〒311-1392      茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6881-275    TEL:029-267-5111
一般社団法人 大洗観光協会
〒311-1301      茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249-4        TEL:029-266-0788
大洗ポートトラベル
〒311-1305      茨城県東茨城郡大洗町港中央1           TEL:029-266-3325
(大洗ターミナル株式会社)茨城県知事登録旅行業2-503号 総合旅行業務取扱管理者 佐藤真一)
Copyright © 2018 Oarai Town Tourism Association. All right Reserved.